目尻切開とはどんな手術なのでしょう

目尻切開は、目尻を外側に広げる手術のことをいいます。目尻部分の皮膚を数ミリひろげて、より大きく横長の目元を作ります。たれ目がちの方や童顔の方などに、人気のある施術です。しかし今一つ効果の少ない施術ともいわれていますが目尻を少し切開するだけで、キツイ印象がやわらかくなって目尻からこめかみまでの間隔が少し狭くなり小顔効果が期待できます。しかし隠れている白目の量で切開できる幅がきまるため、白目の少ない方には期待するほど効果が望めません。5ミリほど隠れている場合はぐっと大きくなりますが、1ミリ程度の場合はほとんど変化がありません。そのため切開し過ぎると、目尻のピンクの結膜が露出して不自然になってしまいます。切れ長の目の効果は、半永久的に続きます。

さらに施術をミックスするとお人形

さらに大きな目力アップの印象的な目にする場合は、目尻切開だけでなく目頭切開を加えると効果的です。目と目の距離を縮めて目がぐっと横方向に大きくなることで、小顔効果がよりアップします。また大人っぽい雰囲気や二重ラインも微妙に広がります。もっと大きく人形のようなかわいらしいたれ目にする場合は、目尻切開だけでなく下まぶたをつくるラインを丸く広げるグラマラスライン(たれ目形成)の施術がより印象的で効果倍増です。目尻切開とグラマラスライン施術を併せて行うと目がぐぐっと下と外側へ向かって大きく広がり、魅力的な目元になります。ここに睫毛のエクステンションを加えると、完全なドールフェイスになってしまいます。ノーメイクでも充分キュートなアニメっぽい瞳になれます。

目尻切開のダウンタイムやリスクは

目尻切開は切開手術といっても、施術時間はわずか15分ほどです。仕事や学校でダウンタイムが充分にとれなくても、眼帯をして片目ずつ簡単に行えます。内出血や腫れは一週間後の抜糸の頃にはほとんどきえていますが、万が一強い内出血でも2週間ほどできえていきます。抜糸した翌日からアイメイクもできるため、ファンデーションやコンシーラでカバーできます。さらに3週間は熱いお風呂など入浴に注意して、激しい運動やお酒も控えたほうが安全です。施術後4ヶ月間は腫れや炎症が残っている場合があるため、癒着などの問題で手術が行えません。腫れや炎症が完全におさまると、新しい他の施術や目尻切開の微調整などが行えます。この目尻切開はあまり一般的な施術ではなく、目尻切開ができない、経験したことがない医師がかなりいます。しかし目尻切開では、失敗例はほとんどありません。

口元のふくらみ改善施術で美しい口元を! 実際に施術をするドクターが時間をかけて丁寧にカウンセリング致します。 手術によって割引率は異なります。 安心して施術を受けていただくために、大学病院などの手術室と同じ衛生環境レベルを維持しています。 レントゲンデータから実物大3D骨模型を作成します。 人中が目立つのが気になるというお悩みをお持ちの方に鼻下長短縮術をご案内いたします。 安心・安全な目尻切開施術を心がけています